大富豪がわが子に伝える秘密の法則

どうも管理人の963Kumaです
今回のテーマは、「大富豪がわが子に伝える秘密の法則」です
2019年2月10日発行 著者 スティーブ・シーボルトさん 訳 弓場隆さん

一代で財を成した億万長者たちによる、資産を築き自由で充実した人生を送るための100の教え
「お金は邪悪なものだ」とか「富は限られたものだ」と考えていませんか? でも、お金は決して悪いものではありません
富も無限にあるのです
お金持ちが愛する自分の子どもたちへ伝える思考法を身につけて、豊かな人生を送りましょう!
(Google Books引用)

人材育成会社の代表であり、世界的なトップ講演家でもあるスティーブ・シーボルトさん
著書の「大富豪がわが子に伝える秘密の法則」

学生時代貧乏学生だった著者のスティーブ・シーボルトさんが「どうしたらお金持ちになれるか」と考えて1200人以上の億万長者に直接会いインタビューして億万長者の秘訣を聞きました

一代で富を作り上げた億万長者たちによる
資産を形成し自由で豊かな生活を送る為の教えが書いてある

大枠として重要なポイントは二つです

①一つ目は解決策を考えなさい
②自分の強みに意識を向ける

解決策を考えなさい
ビジネスの基本として
人が不便だ、困っているということを解決することによってビジネスが成り立つ

当たり前の事ですが今ある全ての便利なものは世の中の不便を解決してきた人によって
改善されてきた

iphoneを発明したappleのスティーブジョブスであったり日本でも普段の生活に普及したUBER EATSであったり

このように現状の不便さを改善してきた人が
お金持ちになってきたという事実
スティーブ・シーボルトさんご本人は
この世の中は問題解決に対して報酬が支払われる仕組みになっているので、問題を解決すれば誰でも金持ちになれると金持ちになる男は、自分が創造する価値に対してお金を得る権利があると考えている

スポーツの試合やビデオゲ ームに興じるひまがあるなら、社会に貢献して財産を築くための新しいアイデアに時間と労力を集中すべきだと考える
この事実がわかれば、ごく一部の人が世の中の富の大半を独占していることが納得できる
と述べている

自分の立場に置き換えた時に
新しいものを発明したり、開発するのってなかなか難しいこと
日常で人々が不便だと思っているものの
ちょっとしたサポート、自分が出来ることを考えるのが最適

実際の現在、動画編集や輸入ファッションビジネスなども
自分自身ではyoutubeの動画編集ができない
英語が使えない、ファッションの知識がない
人の代わりに英語やファッションの知識を使って代行することになる
このように自分が人の役に立てるポイントをサポートすることでビジネスが成立する

自分の強みに意識を向ける

大きな成果を上げている人は
多彩な人間ではなく特定の事に秀でていることが多い

アインシュタインの名言の中に
「誰もが天才として生まれてくるもし魚を木登りの能力で評価したら自分が愚かだと思い込んだまま生涯を終えるだろう」

という言葉がある
これは人間誰しも天才として生まれてくるのに得意な事で生活している人は少ないということを意味している

不得意な分野で頑張るのでなく
成功者になるには自分が得意なこと好きなことをやるのが成功者の近道になる

もし得意なことや好きなことが見つからないのなら少しでも多くの事に挑戦してみること

挑戦する中で得意だなぁとか好きだなと思ったことで突き抜けることが成功に繋がると思う

自分の強みに意識を向けて
木に登る魚にならないようにすることが成功への近道

成功したい人やお金を稼ぎたい人にオススメの本

コメント

タイトルとURLをコピーしました